はいどうも夏目ベンケイです!
今日は皆様に感謝の報告があります!

なんとこの度夏目ベンケイのpixivフォロワー数が10000人を突破いたしました!

10000人記念













フォローしてくださった方々本当にありがとうございます!

5000人達成したのが半年くらい前だったと思うので、ここ最近でフォロワー数がまた一気に増えているようです、、ありがたや、、!

10000人もフォロワーがいるような画力では到底ないので恐縮ですが、下手なりに何事も続けてみるものですね( ;∀;)笑


そんな訳で今回は、夏目ベンケイがデジ同人活動を始めたキッカケなんかを、書いてみようかなと思います。


初めてデジ同人作品を配信したのはかれこれ5年くらい前になります。

そもそもなんでデジ同人を描き始めたのかですが、ある日ネットでDMM同人(今のFANZA同人)なるページを見つけた事が始まりでした。

同人誌=マンガのエロパロディ

くらいの認識しか当時はなかったので、デジ同人という世界がある事すら知りませんでした。


それでページにズラーっと並んでいる同人作品を

「へえーこんな世界があるのか(゚ω゚)」

とボーッと見てたんですよ。


デジ同人の世界ってプロも素人も同じ場所で商品を売るから、ごちゃ混ぜのカオスな空間なんですよね。

当然画力や作風も作品形式だってサークルによって本当にバラバラです。

そんな世界を目の当たりにしながらふと思ったんです。


これはもう失礼を承知でこっそりと言っちゃうんですが、その時の無知な夏目ベンケイはこう思いました。

「なんかこれくらいなら自分にも描けるんじゃないのか?(`・∀・´)」

って。


いやホント夏目ベンケイの画力をもうお分かりの皆様ならどの口が言ってんだよって感じですよね笑

でも当時は素人考えでホントにそう思ってたんです。



ただこういう勘違いって、時には大事なんだと今では思ってますε-(´∀`; )

この時の勘違いがなければ、デジ同人活動をここまで続けられてない訳ですからね(^ ^)

こんなに沢山の読者さんに作品を読んでもらえる事も無ければ、pixivのフォロワーが10000人超えるなんて当時は到底考えられなかった事です(^^;



あとデジ同人を始めるキッカケで、何気に重要だったのは、作品の販売数が見る側にも丸わかりだった事ですかね。

これまでにその作品が何個売れてるのかが一目で分かる様になってる。

このデジ同人サイト特有の仕様があったから、

「この作品で売れるんなら、自分でもなんか出来るかも(`・∀・´)!(超失礼)」

って超ド級の勘違いに勢いがついた気がします笑

販売数が分からなかったらその時の考え方も違ってたかもしれません。



その後作品をなんとか完成させてサイトに配信する訳ですが、皆さんも御察しの通りですね。

「どの口が言ってたんだ!どの口が!」

というとんでもなく画力の低い作品を完成させるのでした。笑


いやーやっぱり思ってたのと、実際にやってみるとでは全っ然違いましたねε-(´∀`; )

ただ当時は不安ながらもノリノリで描いてたのを覚えてます(`・∀・´) 

無知ってのは怖いですね! でもある意味では最強なのかもしれません笑

次回はそんな初作品の裏話とか思い出話でも書こうと思うのでお楽しみに!



と言うわけで

夏目ベンケイのデジ同人を始めたキッカケの話。

でした!



それと新作はペン入れ中です!

4分の1くらい進みましたかね。

時間を見つけてコツコツ進めてますので、待ってて頂けると嬉しいですε-(´∀`; )

呑気にブログ更新してすいません笑

ではまた!