どうも夏目ベンケーです。

前回はあんまり身のある話ができなかったので今回はなるべく目的意識を持って記事を書きます。笑



今回のお題は

マンガ?CG集?RPG?色々ある中でなんでマンガにしたのか?

という事です。ボイスやアニメーションなどジャンルは他にもあると思いますが。

自分はなぜマンガという形式を選んだのかということを今回はお伝えします。

CG集はこれまであまり親しみがなかったので、

どういう仕組みなのか?どういう風に作ればいいのかが

全く分からなかった。

RPGは作品を作るスキルを持っていなかった。

というか自分がRPG作品を作れるなんて考えもしなかった

という理由から消去法でマンガしかなかったのです。

そもそも初めから同人マンガ描いてみようって思ったのがきっかけでCG集や

エロRPGというジャンルがあるって事は販売サイトを見始めてから知りました。

作品の手間や作りやすさなどはそれぞれ違ってくるんだと思いますが、

やっぱり昔から親しみ深いマンガを描きたいってのもありましたし。

また、販売サイトを眺めたりしてるとCG集やRPGをいつか作れたら面白いな

なんてことも思います。当面はマンガ形式で作品を作っていこうと思っていますが

挑戦する気持ちを忘れずこういう違った作品形式のものもいつか作っていけたらと思います。

あまり身になる話ともいえなかったかもしれませんが読んで下さった方ありがとうございました。